プログラム紹介

Desi kidsの特徴

Desi kidsではテキストは使いません(基本操作は除く)、あえてテキストは使わず不便な状況を作り創意工夫することで「自ら考えてカタチにする」力が育ちます。
人は不便さを克服し改善することで考える思考が養われ成長できると考えているからです。
現役のデザイナーが子どものペースに合わせてレッスンを行います。考える力だけではなく、デジタルデータが作れるスキルも身に付ける事が可能です。

▲レッスンの様子

デジキッズメソッドのプロセス

デジキッズメソッドは「デザイン思考」をベースに子ども向けに改良したものです。
制作をしながら「調べる、問題を見つけ、アイデアを考える、カタチにして試す」というプロセスを繰り返すことが大切で、このプロセスを通じて「創造力・思考力・伝える力」を育みます。
【デザイン思考とはデザイナーの感性や手法をデザイナーではない人が用いて、新たなモノ・コトを生み出すための方法です】

adobe社のデザインソフト「イラストレーター」「フォトショップ」を使用し、デジキッズメソッドを用いて課題に取り組み制作をします。
「できた!」という成功体験が自信になり、更なる意欲を掻き立て自発的な力が身に付きます。

プログラム内容

・イラストレーター・フォトショップの基本操作。
(図形ツール、ペンツール、色の設定、文字の設定etc)

・課題の作成(キャラクターデザイン、名札デザインetc)
①テーマを決め制作をします。
↓デジキッズメソッドを用いてレッスンをします。
②作品発表(プレゼンテーション)

イラストレーターで出来る事

・名刺デザイン
・チラシデザイン
・キャラクターデザイン
・etc

フォトショップで出来る事

・写真加工
・合成
・etc

作品を自分の言葉で伝える・カタチに残す

作品完成後にはプレゼンテーションをします。自分の作品(想い)を自分の言葉で相手に伝えることができるようになります。
ビジネスシーンだけではなく、生きてく上で誰かとコミュニケーションを取る場面の多くでプレゼンテーション力が必要になり、プレゼンテーション力に長けていると円滑なコミュニケーションがとれるようになります。
制作後作品をプリントアウトし、変化や成長をご家族に共有させていただきます。

【無料オプション】保護者さま面談(希望者のみ)

お子様の作品を見ていただきながら、レッスンの様子をご報告いたします。

 
 
 

最近の記事

  1. 2019.06.17

    test2
  2. 2019.06.7

    test
  3. 2019.06.5

    エコバッグ
PAGE TOP