Desi kidsとは・代表紹介

デジキッズメソッドとは

Desi kidsは子どもの「考える力」を鍛えて自分で未来を切り開く力を育てます、将来なりたい自分になるための土台になると考えています。
イラストレーター・フォトショップを使用して制作をして「できた!」という成功体験が自信になります。
更なる意欲を掻き立て、自発的な行動力を育てます。

デジキッズメソッドのベースである「デザイン思考」は、様々なところでも研究が進められています。(下記参照)

 

米国スタンフォード大 | d.school

※COURRiER Japonより引用

デザイン思考はシリコンバレーにあるデザインとイノベーションのコンサルティング会社IDEOなどが提唱するイノベーションを日常的に行う思考方法です。IDEOの創業者ケリー兄弟曰く「デザイン思考を身につけることで誰でも画期的なアイデアや提案を思いついたり、仲間とクリエイティブに協力をし、本当に画期的なものを生み出せるとともに、自分自身思いの外クリエイティブだったことに気づいてもっと何かをやってみたくなるようになる」とのこと

文学・芸塾・科学・エンジニアリング・ビジネスなど、あらゆる世界で応用されている考え方です。そしてこの思考様式はあまりにも強力なので、AppleやGoogle、サムスンやGEなど、世界を先導する企業のアプローチ方法としても採用されています。
https://ferret-plus.com/5532

コンセプト

考える力を鍛えて、自ら未来を切り開く土台となる力を育みます。

ビジョン

「自分で自分の未来をデザインし、よりよい未来を創る」を経営理念に、自分で自分の未来を切り開くことができる子供を育てたい。
デジキッズメソッドで日本の将来を担う子供たちを育て、子供たちを通じて社会全体の幸せが増える世界を目指しています。

ミッション

「これはなんだろう?」「どうやるの?」「やってみたい!」というワクワクから、「なるほど!」「できた!」という成功体験を得ることで、子どもの「もっと知りたい!」「もっとやりたい!」という自発性をDesi kidsは育みます。
子ども1人1人としっかり向き合い、どのような環境であっても自分が納得できる答えを導き出し、自分で自分の未来を切り開くことができるようにサポートします。

◾️Desi Kids 代表紹介

代表

デザイナーとして、大手旅行会社の旅行パンフレットやウェディングポスターなど数多くの印刷物のデザインを手掛ける。
デザイナーの経験を活かし、就労移行事業所で外部講師としてデザインプログラムを受け持ち現在も継続、8年目に入る。
2017年1月、印刷デザイン業で起業。(プレジールデザインHP)
2018年9月、日本初となる、子どもの「考える力」を鍛えるデザインスクール、【デジキッズ】をスタート。

予測不可能な時代だからこそ、子供達の幸せな未来の為には、大人が安全なレールをしいてあげるのではなく、子供自身に未来を切り開く力をつけさせてあげる事が大切ではないでしょうか。
全ての物事の土台には「考える力」があり、考えて物事を解決したり、考えて物事を作り出す能力は絶対的に必要だと考えています。
デジキッズでは、デザインを通じて、創造的に「考える力」を鍛えたいと思っています。

愛智有紀

監修/椙山女学園大学・大学院 教授

椙山女学園大学生活科学部大学院生活科学研究科教授
1985年東京大学工学部建築学科卒業。
1992年同大学院工学系研究科博士課程満了。
1997年蘭・デルフト工科大学OBOM研究所客員研究員。
著書「The Grand Tour-世界の建築風景」/訳本「サステイナブル集合住宅」 など。

一般社団法人中川運河キャナルアート 副理事長
みんなのファッションショー EXECUTIVE ORGANIZER
デザイン女子No.1決定戦 実行委員長
「東海の建築アーカイブ」 統括プロデューサー
ソンクラーンNAGOYA 代表
TAIWAN LINZARD COFEE 日本総代理人
(社)団地再生支援協会理事/中部地区代表
(社)日本マンション学会 理事
(社) NDMA 理事

村上 心 Shin MURAKAMI
研究科長 教授 博士(工学)
professor, Dr. of Engeneering
http://shin-murakami.com/

マネージャー/株式会社Room8 代表取締役

ウェブサイトの制作やシステム開発などをIT企業の運営を行う。
また、春日井市でコワーキングスペースRoom8を運営している。

将来AIが人を超える時代がくると言われております。今の子供達が大人になった時には、今とは大きく変わった世の中になることが予測されます。
子どもたちには、そんな未来を生き抜く力をつけてもらうために、プログラミングを通じて、論理的な考える力を伝えられたらと思っています。

鶴田賢太

中部経済新聞掲載

2018年12月21日(金)起業家特集として、中部経済新聞に掲載されました!
創業の経緯やデジキッズの事を紹介していただいて感謝です。

中日新聞掲載

2019年1月19日(土)の中日新聞の夕刊(総合3P)に掲載していただきました!
取材時間は1時間弱、創業から今に至るまでの想いをお話しさせていただきました。

PAGE TOP